自動車のヘッドライト・テールランプ等の老舗LEDワンオフ加工専門店です

ハイフラ・警告灯誤表示

ハイフラ(ハイフラッシャー現象)

ウインカーをLED化すると、ウインカーが高速点滅するようになります。この現象をハイフラと呼んでいます。

LED化によって消費電力が極端に低くなるため、車体側で球切れと認識してしまうのが原因です。

こちらの対策として、ハイフラ防止抵抗やICリレーを使用するのが一般的です。

ハイフラ防止抵抗は、手で触れないくらい高温になるため設置場所を上手に選ばなければいけません。

ボディ等の鉄板に設置し、放熱させる必要があります。テールランプの内部や、裏面の樹脂部に取り付けてはいけません。

適切に設置出来れば、まったく問題ありませんので、ご安心ください。

ICリレーの設定がある車種は、こちらを選択した方が安全です。しかしながら近年の車種でICリレーの設定がないものも多いです。

以上の事から、当店でハイフラ対策を行うことは出来ません。あくまでもお客様の車体側で対策していただく形になります。

ご購入後のハイフラ対策に関するサポートもさせていただきます。

 

警告灯誤表示

基本的には、ハイフラ現象と同じです。LED化により、スモール/ストップランプの球切れを感知し点灯してしまいます。

ABS誤作動等、色々な現象が生じることがわかっています。

対策は、ハイフラと同様の方法になります。

 

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.