ヘッドライト内部が完成し、ついに殻閉じを行います( ̄ー☆

 

当社では、再分解可能な純正シーリングを使用して閉じていきます。

ブロック状で常温では固い塊です。

IMG_2684

コーキングガンで押し出せる柔らかいブチルゴムを使用した施工もありますが、

真夏になると溶け出てきてベタベタになってしまうのでNGですよ(・・;)

 

必ず純正タイプを使用しましょう!!

 

ちなみにシリコンシーラントは厳禁です。二度と再加工出来ないランプになるでしょう・・・

 

まずは、殻割りしたまんまの状態です。

IMG_2681

熱を加えて、均します。細いドライバーで残ったシーリングを押し付けていきます。

IMG_2682

こんな感じに、ひと手間加えることで気泡が抜けて水漏れを防ぎます。

IMG_2683

ここに純正シーリングを追加して・・・

さらに熱をかけながら押し付けて気泡を抜いていきます。

IMG_2686

実際に殻閉じしてしまうと、わからない箇所ではあるのですが

この作業をやる事で、水漏れリスクは劇的に少なくなります。

 

作業は大変ですが、必ずやりましょう!!